自衛隊は必要不可欠な組織

昨今の自然災害により破壊された被災地では、自衛隊が被災された方々を救うため大活躍しています。道路が寸断されても輸送艦が被災地近くの海に到着したら、ヘリコプターで必要な人員と物資を運びます。自衛隊は通信が強いため、混乱を極める被災地でも組織だって行動することができます。自衛隊は、もはや、日本に不可欠な組織です!

スポンサードリンク



訓練でも本番と同じように

自衛隊の訓練は本番と同じ想定で行います。森の中に入って敵が攻めてくるのを夜通し待つ時も本番さながらです。
当然トイレに行きたいからと言っても仮設トイレがある訳ではありません。穴を掘ってそこに入って待機するのですが、さらにトイレ用の穴を掘り終わったら土をかけます。
非常食もありますが、途中で敵が攻めてくるかもしれないのでジップロックに入れて食べかけでもすぐに動けるようにしています。





自衛隊員の友人はやっぱり武器に詳しい

私の友人には自衛隊員がいますが、彼と一緒にテレビを見ていた時のことです。
その番組では自衛隊の銃や兵器について説明していたのですが、それを横で彼がさらに細かく説明してくれました。
友人として付き合っている時には気づきませんでしたが、やはり仕事ではこういう武器を扱っているのだなと感じ、少し遠い存在のように思えました。

スポンサードリンク



元自衛隊員はムキムキでした

私の友人に、元自衛隊員がいますが、とてもガタイがよく、あのような体つきになりたいものだと憧れます。
彼曰く、毎日自衛隊で訓練していれば、嫌でもこういう体になるということでしたが、その体になるのに、一体どれくらいの時間を要したのか気になりますね。





航空自衛隊の仕事について

私の親戚は、山口県の防府市に在住で航空自衛隊に所属しています。
叔父と従兄弟と親子二代に渡って勤めているのですが、主な仕事内容は、災害救助の訓練です。

最近、従兄弟は熊本の大震災で出動しましたが、普段は週休二日制です。

人名救助の為に、人力を尽くしていますが、二次災害に遭わないかいつも不安になります。

給与面や福利厚生等は、普通の職業に比べものにならないぐらい待遇は受けるのですが、常に危険を伴う大変な職業だと思います。

陸上自衛隊の友人たち

なぜか友人に陸上自衛隊の人が多いです。
それぞれ別々に出会っているのですが。
みんな穏やかで面白くて、偏った考え方もなく、いい人ばかりですよ。
普通に話していると、自衛隊だなんてわからないです。
でも、やっぱり体をしっかり鍛えていて、半袖になる季節にはさすが!と思います。

自衛隊の皆さん 熊本のために頑張ってください

地震による被害が甚大だった熊本県に全国からたくさんの自衛隊の皆さんが派遣され、救助や炊き出し、入浴支援活動などの活動に従事されています。本当にお疲れ様です。
東日本大震災の時もそうでしたが、黙々と、そして人間味あふれる自衛隊員の献身的な活動には頭が下がる思いです。
仕事とはいえ、お体にも十分注意して熊本を助けてあげてください。よろしくお願いします。

スポンサードリンク



自衛隊の必要性について訴える彼

彼は自衛隊員で、3.11の時には船から遺体の収容なども行いました。
自衛隊との婚活が人気になった時は公務員に特に興味もなく、自衛隊の人って異質な感じがしていました。彼と付き合い、彼の話を聞いていると自衛隊は必要なんだな、と再認識しました。普段おちゃらけて明るい彼ですが、国のために一生懸命働いている話を聞くと、足を引っ張って不祥事を起こす人が恨めしく思います。