平成になって早四半世紀超

昭和天皇が崩御され,年号が「平成」となりました。新しい年号発表記者会見は,今でもハッキリと覚えております。小渕恵三前内閣総理大臣,当時は内閣官房長官が「平成」と書かれた半紙をかざしていた姿が記憶的でした。あれから四半世紀も過ぎたなんて…。早いです!

スポンサードリンク



今でもよく使う言葉です

昭和の時代が終わってかなりの年月がたちました。しかし今でもこの時代のことを振り返る番組や、この時代に流行った曲などが特集になる番組もあります。懐かしさがこみ上げてきますが、「昭和」=「レトロ」という感じで、今でもよく使う言葉です。何か大事にしたい響きのある言葉です。





昭和の漫画は現代の心にも響く

実家に置いてある漫画を見つけた子供が、夢中でそれを読んでいました。覗いてみると私が子供の頃のもので、かなり色褪せていました。絵柄もストーリーも今とはかけ離れた昭和らしい青春もの。正直、現代っ子の子供には響かないのではと思っていましたが、読み終わったあとひどく感動したようで、目元には涙が滲んでいました。時代を越えても共感できる昭和の漫画ってすごいなと思いました。

スポンサードリンク



昭和について思うこと

昭和というとやはり古いというイメージがありますが今になってから昭和のドラマや
アニメを見ると時代が何周も回って逆に新しく感じるので決して古臭さばかり感じるという事はないです。

逆に新鮮で面白く思えるので楽しいです。





昭和の時代のことを知るのは面白い

私は昭和の終わりごろの生まれなので、平成の時代を生きている時間の方が長いのですが、昭和30年代~40年代辺りのことを知るのが大好きです。
インターネット等で昔のことを調べていると、自分の知らない事ばかりで本当に面白いです。
温故知新なんていう言葉がありますが、自分にとっては、まさにそんな感じですね。

昭和の歌は良かったなぁ

昭和時代に大学生までを過ごした私にとって、今の若者の歌はアップテンポ過ぎて全く記憶に残りません。それに比べて昭和の歌は歌詞の一つ一つがゆっくりで味わいがありました。
会社の飲み会で部下を連れてカラオケに行った時、昭和の歌を好き好んで唄う私が浮いていることは明らかではありますが、、。

昭和の最後に生まれたせいで。

私は昭和の1番最後の昭和63年生まれです。
私の学年は昭和63年生まれと平成1年生まれが混合しています。
平成と言えば今の時代という感じを受けるが、昭和生まれと言えば昔の人という印象を受ける。
昭和の時代を1年しか生きていないのに悲しすぎる。

スポンサードリンク



昭和って懐かしいですか。

私は 昭和の真っ只中に生まれ育ちました。
薄汚い町並み、舗装されていない道路、ローカルな電車やバスや車、まだエプロンや割烹着に買い物籠をさげて買い物をしている女の人の姿。
私たちの世代にとっては 懐かしい時代と思われています。
でも 私には 懐かしいという感情は 少しも沸かないのはどうしてでしょう。
あの頃は ほとんどの人が貧乏でした。貧しいという思い出しかない私には 一部のお金持ちの暮らしが羨ましくてしかたがありませんでした。
だからでしょうか。懐かしいという感情より思い出したくないという感情の方が強いのかもしれません。
昭和は決して良い時代でなんかありませんでした。今の方がずっと洗練された美しい日本になったと思っています。