戦国時代最大のミステリー

今から400年ほど前の時代は戦国時代となり、その戦国時代最大のミステリーと言えば、それは本能寺の変になると思います。どうしてミステリーなのかというと何故、明智光秀は主君の織田信長を裏切ったのか未だに解明されないことにあると思います。

スポンサードリンク



明智光秀は有能すぎた

本能寺にいる織田信長を打ち取る謀反を起こす明智光秀は、頭脳明晰で信長を討ち取ったあとの世界を想像できる頭を持っていたと思われます。史実に基づけば羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れてしまい、光秀が思い描いた未来にはなりませんでした。





本能寺の変の黒幕は誰なのか

本能寺の変の黒幕説は今ではたくさんの人物の名前が挙がっています。その中で最大の黒幕説は室町幕府最後の将軍である足利義昭と言われています。織田信長に京都から追い払われた足利義昭は中国地方の毛利に匿われていたそうです。

スポンサードリンク



何故、事前に察知することができなかったのか

本能寺の変という事件において、私がいつも思うことはどうして織田信長は事前に明智光秀の裏切りを察知することができなかったのであろうかということです。あれだけの大軍に囲まれたら相当な騒音がして気づくことができたのではないかと思うからです。





「本能寺の変」と言えば

「本能寺の変」と言えば、明智光秀が謀反を起こして織田信長を撃った事件を言うのだが、今の子供達だったらダンスユニットのエグスプロージョンを思い浮かべる人が多いかもしれない。ちなみに当時の本能寺は現在の場所とは異なっています。

本能寺の変で誰が一番怪しいか?

やはり、本能寺の変以降に急遽戻った豊臣秀吉は怪しいです。そもそも、なぜ大返しが出来たかが不明です。
予め、明智光秀の謀反を察知していたとしか考えられません。また、中川清秀の手勢を従えるにはそれなりの準備が必要なはずです。
裏で何らかの情報は知っていたのが考えられます。

本能寺の変で爆散した原因は?

織田信長が本能寺で自害したのは有名ですが、なぜ少ない手勢にもかかわらず、本能寺自体が爆散するに至ったかは不明です。
明智光秀がそこまで陰謀をしていたのは想定できません。むしろ、誰かが大量の火薬を本能寺に保管しない限り起きえない話です。
今となっては誰もわからないのが、問題です。

スポンサードリンク



ロマン!本能寺の変!

日本史史上、もっとも有名といっても過言ではない、1582年の、本能寺の変。絶対的カリスマを討ち取ったその本能寺の変、解明されていないことが多いことが、現代に於いてもロマンを残しています。
本能寺の地下にはトンネルが掘ってあって、信長はそこから脱出したとの説まであります。
さまざまな小説の題材にもなっている本能寺の変。なぞは謎であるから、魅力的なのかもしれませんね。