livedoorについて思うこと

livedoorといえば何かと話題のLINEが運営するポータルサイトですが、一番よく利用されているのはブログかもしれません。それほど人気があるブログサイトではありませんが、それなりに利用しやすいというメリットもあるようです。友人はlivedoorのブログサイトを持っている人が多いですが、ちょっと読みにくい気がするのは気のせいでしょうか。

スポンサードリンク



livedoorについて私が思っていること

みなさんもlivedoorというと多くの方があの人を思い浮かべるかと思いますが、
会社自体のイメージはあまりないというのが私の正直な感想です。それぐらいlivedoorとは何だったのかという感じでいます。





まだあるんですか?とおもってたり

ホリエモンの事件以来、一切使わなくなったです。昔は色々WEBを活用させてもらってたんですが、
今もなにかやってるのか?と疑問に思います。確かに経営者も変わったんでしょが、自分にはただの嘘つき会社から脱皮っできてませんね。

スポンサードリンク



livedoorについて

一時期有名になったIT企業です。現在はラインの完全子会社として運営されています。今もポータルサイトを運営しています。基本的にはヤフーなどといっしょで好みによって使い分ければよいかと思います。ポータルサイトとしては可もなく不可もなくといったところです。





llivedoorブログ

私がllivedoorで利用しているのはブログ機能です。llivedoorは他のブログに比べて編集がしやすく、登録もメールアドレスさえあれば、あとはIDとPWを決めれば作れるので、とても手軽です。個人でブログを始めたいという人に是非勧めたいです。

ベンチャー企業のはしり

今でこそ落ち目といってもいい会社ですが、当時はやれ買収だのやれ上場だのと世間を賑わせる会社でした。当時の日本ではあまり例をみないタイプの会社で、livedoorこそベンチャー企業の先駆けと言って良かったでしょう。

株で大損してしまった

livedoorの大暴落のおかげで、当時株で大損しました。しかも信用取引だったので、身の丈以上の損失を出しました。あれからは身の丈にあった現物取引だけをするようになり、大勝ちすることも大負けすることもなくなりました。

スポンサードリンク



堀江がいなくなっても

livedoorは堀江貴文が作った会社ですが、堀江がいなくなった今でも会社として成立しているようです。もちろん規模はかなり縮小されましたし、世間にでることも殆どなくなりました。堀江は全く社長に戻りたいと思っていないのですかね。