佐川急便の配達員は走っているか

佐川急便の配達員は走っているというイメージが強くあります。
私の以前勤めていた会社に集配に来る佐川急便の配達員は確かに走っていた記憶があります。しかし、最近佐川急便の配達員を見ても急いでいる人は見かけますが、走っている人はあまり見かけないようになりました。

スポンサードリンク



佐川急便について私が思っていること

みなさんは 佐川急便というとどういうイメージがありますでしょうか?
私は佐川急便というと宅急便の大手でいつも家に何か荷物が届く時は大抵佐川急便から届くイメージがあります。

それぐらい、佐川急便はかなりのシェアを占めていると思っています。





人によって違う評価。

ヤマト宅急便に比べて、佐川急便は雑に扱うし、割れ物もいい加減に運ばれたので、なるべく利用したくありませんが、人によっては態度もよく挨拶もしっかりしてくれるので、こういう従業員が増えたらいいなと思いました。

スポンサードリンク



佐川急便のドライバーについて

佐川急便といえば、佐川男子が一時期有名になりました。佐川男子とは、佐川急便の男性ドライバーのことで、彼らの真摯な対応や重い荷物を運んでくれる頼もしさに好感を持つ女性の存在から広まっていきました。佐川急便のイメージ戦略だと思いますが、素晴らしいイメージ戦略だと感心させられました。





切っても切れない佐川さん。

お勤めをしていたところは宅急便の利用が必須でした。毎日朝イチで納品に来る佐川さん。そして毎日夕方にこちらも集荷に来てもらう。
宅急便の利用は他社もありましたが、ほとんどが、佐川さんでした。
いつもニコニコ、どんなに気候が厳しくても慌ただしい素振りは見せずこちらの急な無理も聞いてくれました。そして私は職場を退職したのです。
新居では、旦那さんのお仕事でも宅急便が必須なのでした。
相変わらず、ニコニコ佐川さんとのお付き合いは続いています。

いつも利用する佐川急便

職場でいつも利用させていただいてます。
担当の方は2人いて、2人ともとっても愛想のいい方たちです。
店舗にはいっつも申し訳なさそうな感じで入ってきて、いつも笑顔で重い荷物を持ってきてくれたり集荷に来てくれます。

なぜかモテモテの時期が

佐川急便は、いつもせっかちに働いているせいか、車の絵のおしりを触ると幸運になれるといったジンクスが広まったことが有ります。女子高生の間でも流行り、佐川急便の配達員さんはその時はかなりモテモテだったそうですよ。

スポンサードリンク



迅速で、とても対応が良い

佐川急便さんにはいつもお世話になっています。通販サイトでよく物を購入するのですが、その時必ず答え佐川急便さんが来てくれます。手際よくて、私の家に来てくれる担当の人はいつも笑顔なのでこっちまで笑顔になります。