安全で役立つ機能で学べる

進研ゼミプラスの「チャレンジウェブ」ではインターネットを使って勉強を学ぶことができます。インターネットの安全な使い方を学べる「インターネット安全ナビ」。国語や算数の問題をクイズ形式で出題される「チャレンジャーズ」などの機能があります。機能の使い方や勉強方法はチャレンジウェブの使い方や勉強何でも相談室でチャットを通して学べます。

スポンサードリンク



たくさんのの機能で学べる

進研ゼミプラスの「チャレンジウェブ」にはたくさんの機能があります。夏休みの宿題検索や自由研究、作文などのヒントをもらえる「ナツケン」。電子書籍や動画サービスなどの「まなびライブラリー」など子供のためになる機能で学びながら楽しく勉強できます。





WEB上で予習・復習・テストもできる

進研ゼミの「チャレンジウェブ」では会員になることで、「漢字計算」や「国語算数の応用」、「実力診断テスト」や「復讐問題」などをWEB上で行うことができます。ドリルや実力診断テストの提出もWEBですることができます。

スポンサードリンク



チャレンジウェブについて私が思うこと

私の子供もチャレンジウェブを使って学習しているのですが私が思っていたよりも楽しそうに勉強して
いるのでチャレンジウェブを利用して良かったと思いました。ですから、これから先も使っていきたいと思っています。





チャレンジウェブはできる子にはいまいちな教材です

チャレンジウェブを使ってみました。パッドに字がうまく書けないです。メモも、もちろんできないです。必然的に、選択問題が多くなってしまい、これだけで学習を進めるのは正直言って不足です。学習が嫌いな子にはこれはこれでいいと思います。

モバゲーの運営会社DeNAについて

モバゲーの運営会社であるDeNAですが、私は当初モバゲーだけの会社だと思っていたので、展開している事業の多さを知った時にとても驚かされました。しかし、やはりゲーム部門意外では目立った噂は聞いたことがありません…。横浜ベイスターズのファンでもあるので、球団運営のためDeNAには頑張ってもらいたいです。

スポンサードリンク



親子で一緒に頑張れるなら楽しめると思います

次男が現在、進研ゼミ小学講座を受講しています。
毎日楽しく勉強が出来ればと、チャレンジタッチを持たせています。
チャレンジウェブの存在は知っているし、使いたいと思っているのですが、うちには未就学児がまだ下にふたりいて、この子達の前でタブレットなりパソコンなりをひらいてチャレンジウェブをやることは出来ずに、せっかくのコンテンツを活用できていません。

これは我が家の事情なので、ベネッセさんには全く問題ないんですけど、じっくり向き合って時間が取れなくて残念です。

子供が1人だったとしても、共働きしているので、仕事から帰ってからしっかり時間をとってあげられるか自信もないし、かと言って、子供だけでタブレットやパソコンを触らせるのも不安だし・・・結局私のような親は活用できないだろうなぁと思います。

子供とゆっくり向き合う時間が欲しいです。
むしろ、これをきっかけにそういう時間を作るっていう意識でもいいのかも知れません。